2010年05月29日

<減税日本>参院選に候補者擁立検討 河村市長が明らかに(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は26日、代表を務める地域政党「減税日本」から、参院選比例代表もしくは愛知選挙区(改選数3)に候補者擁立を検討していることを明らかにした。「国のために減税を訴える勢力を伸ばしたい気持ちが強い。擁立を求める声もある」と述べる一方、「(参院選まで)時間がないし、民主党の仲間もいる。状況は難しい」と慎重な姿勢もみせている。

 河村市長は「良さそうな人はいる」と意中の人物がいることを示唆。親しい民主党国会議員に候補擁立について相談したという。

 愛知選挙区は民主2、自民1の現有議席維持を目指す両党に、共産、社民、みんな各党などが挑む構図になっている。高い知名度がある河村市長率いる減税日本が加われば、情勢が大きく変わる。

 減税日本は、河村市長の公約である市民税10%減税を実現するため、次期市議選での過半数確保を目指して4月26日に設立された。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長

野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
<民主>「非小沢系」勉強会に115人 玄葉氏ら開催(毎日新聞)
今期18営業所新設、事業拡大路線に転換―セントケアHD(医療介護CBニュース)
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」(産経新聞)
“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
posted by サクタ ナオト at 18:35| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

社民・福島党首が25日に訪沖=普天間移設問題で(時事通信)

posted by サクタ ナオト at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)

 このままの勢いで気温が上昇すると、今世紀後半にはイグアナやヤモリなどトカゲの仲間の2割が絶滅するとの試算を、米国やメキシコなどの研究チームがまとめた。変温動物のトカゲは、気温上昇を避けようと行動が制限され餌探しができなくなるのが理由という。生態系全体に深刻な影響を与える恐れがある。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 75〜95年にハリトカゲ48種が生息していたメキシコ国内の200カ所を調べた。その結果、気温上昇率が高い場所ほど生息数の減少が目立ち、約1割の24カ所で絶滅していたことが分かった。

 暑さを避けて高地に移動して絶滅を回避したトカゲもいるが、そこに生息していた別のトカゲを絶滅に追いやる現象も起きていた。

 また、繁殖期の3〜4月に気温上昇で行動が制限される時間が1日3.85時間を超えると絶滅しやすくなることが判明。高温時では涼しい場所に避難する時間が長くなる分、餌探しの時間が不足し、成長や繁殖に影響を及ぼすのが理由という。

 研究チームは今後各地で予測される気温上昇率から、2050年までに世界のトカゲの6%、80年までに20%がそれぞれ絶滅すると分析。「トカゲが食べる生物、食べられる生物は多い。地球温暖化は連鎖的に生態系に悪影響をもたらす」と警告している。【大場あい】

<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
養父母、「女性は妹」=周囲に不自然説明−袋詰め遺体・大阪府警(時事通信)
無許可業者に産廃処理を委託=弁護士と業者を告発―岐阜県(時事通信)
23年前の犯人扱いに同情、放火予告に猶予判決(読売新聞)
皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
posted by サクタ ナオト at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。